お任せ!ダイレクトメール厳選6サイト

TOP > ダイレクトメールについて > どのダイレクトメールも一長一短が存在します

どのダイレクトメールも一長一短が存在します

ダイレクトメールはアピールした商品やサービス内容を宣伝するための1つの手段です。
この手段は広告の一種ですが、新聞に付属している折り込みチラシはこの定義の中には含まれていません。
定義として含まれるのはインターネットメール、ファックス、郵送物の3種類に分かれます。
まず最初に郵送物の場合は自宅のポストへ投函されます。
自宅のポストへ郵送物として投函される場合は郵送料金がかかるのでファックスやインターネットメールに比べて料金が一番高くなるし、そのコストも圧倒しています。
大抵は封筒またははがきでの郵送で、はがきでも62円、封筒だと一番小さく軽いのだと82円かかるので、実際の印刷経費などを含めるとどんなに少なく見積もっても100円以上はかかっています。
そのため業者によっては郵送コストを抑えるために郵便を使わずして業者自らが各家のポストへ投函する場合があります。
これの利点はファックスやインターネットがない人の家にも届けることが可能だし、開封してもインターネットメールのような危害はありません。


次のダイレクトメールの手段はファックスを使うやり方です。
このファックスを利用する場合は郵送物に比べて送信コストを大幅に抑えられる利点があります。
これを利用する場合は宣伝者自らのファックスを使って送信する場合もありますが、それだと時間がかかるため、一括して大量送信が可能な専門業者に依頼するほうが時間的に早くなります。
それに専門業者にはあらゆる企業情報が網羅した情報リストがあり、それを利用して送信したい業者を選ぶことができます。
このファックスでのダイレクトメールを利用する場合、相手先にもファックスがあることが前提となります。
けど日本の現状ではファックスがある個人宅はあまり多くないので専ら法人や個人でお店をやってるなど商売関係者向けがほとんどとなります。
開封率の視点ででは郵送物やインターネットメールに比べて高くなります。
というのは紙面の表面にすでに印刷された状態でファックスから排出されるので、拾った瞬間にどうしても目に入りやすいからです。
けどそのファックスを使ったダイレクトメールは近年になって一方的に送信をすることが法律で禁止されました。


というのは宣伝をする場合に使われる紙とインクは受け取り側が負担しなければならないからです。
それのために現在では相手の承認が得られて初めて送信宣伝が可能となります。
つまり相手が承認しなければ宣伝ができないようになってしまっています。
3番目のインターネットメールを使ったダイレクトメールは郵送物やファックスよりもさらに手間とコストを抑えられやすい特徴があります。
またインターネットは法人だけでなく個人でもかなり普及をしているために、幅広く多くの人や業者に送信をしやすくなります。
けどインターネットメールを使用した宣伝方法は先の2つに比べて警戒感がより強くなります。
というのはインターネットの世界では常にスパムやフィッシングメールなど犯罪メールが存在していてニュースなどになってるため、それの一種かと警戒を抱く人が多いからです。
そのため開封される可能性としては郵送物やファックスに比べて低くなりがちとなります。

次の記事へ

上へ戻る